薄毛のメカニズム2

薄毛や抜毛の多くが男性型脱毛症が起因となって引き起こされます。

男性型脱毛症は、まず男性ホルモンの過多や、ホルモンバランスの乱れから起きます。

男性ホルモンが元々体内にある還元酵素の5aリダクターゼと結び付く事で生成される物質が禿げの元になります。

この2つが結び付いて出来るのがジヒドロテストステロンと言うホルモンです。

ジヒドロテストステロンは強力な脱毛作用を発揮します。

基本的にはジヒドロテストステロンが出来る事で、育毛のサイクルが著しく狂わされます。

抜毛サイクルが早まり、発毛サイクルが遅くなるのです。

発毛が抜毛に追い付かなくなる事で段々薄毛になり、最終的には禿げになってしまうのです。

現在の発毛研究の結果としては、遺伝の要素がゼロではありませんが、極めて高い確率で男性型脱毛症が禿げの原因とされています。

ですが、どんな事にも言えますが、禿げもまた単体的な原因だけではなく、複合的な側面を無視する事は出来ません。

また、治療にあたっても、単体の治療をするだけではなく、常に複合的な処置をとることがより良い結果を生みますし、早い結果に期待出来るのです。

よって、ヘアケアや、健康に留意する事を無視する事なく、併用する事を忘れずに治療にあたる様にする事をお薦めします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>