薄毛のメカニズム

今の時代、薄毛や抜毛に悩んでいる人が多い事は常識と言えます。

薄毛や抜毛は今では現代病の1つと言っても過言ではありません。

生活習慣のバランス崩れや、ストレスに晒される現代は、禿げの原因があちらこちらに落ちています。

昔では考えられなかった様な病気が今は蔓延しているのです。

それらの多くが薄毛や抜毛を誘うものである事は間違いなく、誰がいつそう言う事態に陥っても不思議ではありません。

一昔前は薄毛や抜毛は遺伝が原因で、かつらや植毛でしか治せないと考えられていました。

ですが、最近は薄毛抜毛には様々な要因がある事が研究で判っており、いわゆる遺伝子工学が発展せずとも治せると判ってきたのです。

抜毛や薄毛は、大きく分けると2つの原因に分ける事が出来ます。

1つはヘアケア不足、生活習慣病などの不健康さからくるもの、もう1つはAGA、男性型脱毛症が原因と言われています。

AGAや男性型脱毛症と言う言葉は近年良く目にしたり、耳にしたりすることと思います。

これはどちらも同じ意味で男性型脱毛症の英語表記の略がAGAとなります。

男性型脱毛症は、ホルモンバランスの乱れや、ホルモンバランスが崩れる事で引き起こされます。

次項からその詳しいメカニズムをご説明します。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>